Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

コメント

コメントの投稿

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://sashibanohane.blog27.fc2.com/tb.php/89-48f91e9c
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

海老で鯛を釣る。

昔の人はよく言ったもんだ。
「海老で鯛を釣る」
小さい海老で、大きな鯛を釣る。わずかな元手や労力で、大きな利益を得ることのたとえ。

伊良部の佐和田の浜には日が暮れてから干潮の時間合わせていくとシマエビ(フトミゾエビ)が採れる。
漁りと呼ばれる漁法で頭にライトを付けて右手には海老を採る用、左手にはストック用の網をもって浜に繰り出す。
普段海を泳がない島のおばあや女性たちもたくさん採っている。
上手い人だと二時間で200~300は採れるらしい。
CA3B06890001_convert_20110124113748.jpg
これがまた美味で島の人は素揚げにするが生で生き食いしても甘エビのような味と食感だ!
CA3B0688_convert_20110124113634.jpg
これもまた店頭やお店には出回らない島の地産地消である。

がしかし!これが釣りの餌として最高なんです。

魚もこの島にいる地のものなら油断しないで食らいつくものである。
その海老で釣れる魚が「ミナミクロダイ」である。
CA3B0674_convert_20110124113818.jpg
この魚も刺身、煮つけ、塩焼き、鯛飯、干物にと何でも最高です。

「海老で鯛を釣る」
小さい海老で、大きな鯛を釣る。わずかな元手や労力で、大きな利益を得ること。
「伊良部島で海老で鯛を釣る」とは
小さい海老で、まあまあの鯛を釣る。わずかな元手や「結構な労力」が大きな利益を得ること。

である。

伊良部島宿泊の方に限り
漁り海老採りツアーもできますよー

コメント

コメントの投稿

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://sashibanohane.blog27.fc2.com/tb.php/89-48f91e9c
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

Extra

プロフィール

さしば~の羽

Author:さしば~の羽
伊良部島で出会って結婚した二人が、島での生活・島ガイドの様子などをご紹介します。

島ガイド「りゅうちゃん」
伊良部島ゲストハウス びらふやーでのガイドを経て、結婚を期に独立!持ち前のフットワークの軽さと愛嬌で、伊良部島をご案内します。
訪れる人々に感動の体験をしてもらいたいと、シュノーケリングポイントを見つけたり、島人との交流の機会を作ったり、新しいガイドメニューを考案したり・・・と毎日楽しく飛び回ってま~す。

くぅちゃん
さしば~の羽のマスコット犬。近所の子供たちに大人気!
大好物はうずまきパンさあ!

島ガイド詳細は
伊良部島ガイド さしば~の羽

最新記事

FC2カウンター

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。