Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

コメント

コメントの投稿

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://sashibanohane.blog27.fc2.com/tb.php/140-94ad780f
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

八重山諸島 ぐるり4人旅 二日目

二日目は朝一番で今回のメインアイランド「西表島」へ
IMGP1101.jpg
生憎の雨でしたが宮古島にはない「山」に感動。
IMGP1105.jpg
これまた宮古島にない「田んぼ」に感動。
IMGP1108.jpg
今回のツアーは南風見ぱぴよんさんにお願いしました。
船でしか渡れない集落「船浮」でのシュノーケルとゴムボートによる滝のコース
IMGP1129.jpg
現在29世帯しか住んでいない船浮集落
集落内は完全に時間が止まった静かな空間でした。
ここはイリオモテヤマネコが最初に発見された場所でもあります。
IMGP1192.jpg
人がいない=海が綺麗
やはりここのサンゴは八重山の中では元気な方でした。
IMGP1279.jpg
少し透明度がなく濁っていましたが枝サンゴも沢山。
伊良部の海とは違った海でした。
IMGP1246.jpg
この真ん中の黒いもの なんだか わかりますか?

なんと「石炭」なのです。
西表島は1890年から1960年まで炭鉱で栄え 沢山の石炭が採れていました。
現在はエネルギー革命の波で石炭は、ただの石としていまだに島に眠っています。
原子力エネルギーが行きずまった今 再び脚光を浴びるかもしれませんね。
IMGP1322.jpg
シュノーケルの後は、またまた宮古島にはない「川」を上って「水落の滝」へ
IMGP1329.jpg
これまた宮古島にはない「滝」
マイナスイオンいっぱい浴びてきました

南風見ぱぴよんさんは島に移り住んで30年のベテラン海人が連れて行ってくれたので
寡黙な中でも自然の中での生きる知恵などが勉強できるツアーでした。


今回西表の宿は池田屋さん 現役海人が海で採ってきた物を夕食に出してくれる宿。
IMGP1347.jpg
大将が釣ってきたクチナジのお造りにミーバイのから揚げ
西表タケノコに八重山山菜のてんぷら、初めて見た海藻など
どれもこれも新鮮で地産地消にのっとり 素晴らしい夕食でした。
IMGP1352.jpg
ゆんたくではなんと幻の泡盛 「泡波」 までサービスで出してくれ
海の話で盛り上がり二人でひと瓶開けてしまいました。

三日目は宿の大将が西表島の海遊びに
連れて行ってくれるという事で、わくわくしながら就寝。

コメント

コメントの投稿

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://sashibanohane.blog27.fc2.com/tb.php/140-94ad780f
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

Extra

プロフィール

さしば~の羽

Author:さしば~の羽
伊良部島で出会って結婚した二人が、島での生活・島ガイドの様子などをご紹介します。

島ガイド「りゅうちゃん」
伊良部島ゲストハウス びらふやーでのガイドを経て、結婚を期に独立!持ち前のフットワークの軽さと愛嬌で、伊良部島をご案内します。
訪れる人々に感動の体験をしてもらいたいと、シュノーケリングポイントを見つけたり、島人との交流の機会を作ったり、新しいガイドメニューを考案したり・・・と毎日楽しく飛び回ってま~す。

くぅちゃん
さしば~の羽のマスコット犬。近所の子供たちに大人気!
大好物はうずまきパンさあ!

島ガイド詳細は
伊良部島ガイド さしば~の羽

最新記事

FC2カウンター

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。